HOME > 会社情報Company Profile

会社情報Company Profile


  • > 会社概要
  • > アクセス
  • > ビジョン
  • > 会社沿革
  • > 事業内容

会社概要

本社所在地
長野県北佐久郡軽井沢町長倉2380-27
代表電話番号
0267-46-0055
資本金
1000万円
決算期
12月
設立
1972年 7月
代表者
代表取締役 広川美愛
就業人数
13人(平均年齢 33.4歳)
事業内容
広告代理業、編集記事の企画・制作
セールプロモーションの企画・実施
イベントなどの企画・プロデュース
Webコンテンツの企画・制作
ポータルサイトの運営
利用契約数
取引社数 約600社(※2010年8月期)

アクセス

しなの鉄道中軽井沢駅徒歩15分

ビジョン

「Promotion Specialists of Karuizawa」
軽井沢を代表する広告代理店

会社沿革

1972年
軽井沢で初めての広告デザイン制作会社として創業
1979年
軽井沢ヴィネットの前身である「軽井沢めいと」を発刊
1982年
JTB 出版事業局、実業之日本社、山と渓谷社などの広告代理店としても活動。「軽井沢めいと」を「軽井沢ヴィネット」に改名
1986年
「軽井沢の別荘」を出版
1988年
文化出版局とのアライアンスによる「ファッショナブルペンション」を発刊
「軽井沢ヴィネット」がNTT タウン誌奨励賞を受賞
自社媒体の発行部門として「軽井沢新聞社」を発足。「かわら版」を発行
1989年
MAP&GUIDE の前身である「軽井沢の地図」を発刊
1990年
本社所在地を中軽井沢へ移転
1994年
本社を軽井沢役場向かいへ新築、移転
1995年
「軽井沢の別荘」を宮内庁へ献上
「軽井沢の地図」を「MAP&GUIDE」へ改名
1997年
「かわら版」休刊
1999年
「軽井沢秘境探検」を出版
2000年
「グランヴィネット」を発刊
2002年
「軽井沢新聞」を創刊
2004年
「軽井沢ヴィネット25周年記念パーティー」を開催
「軽井沢の法則」を出版
2006年
軽井沢ヴィネット主催で「避暑地軽井沢120 周年記念パーティー」を開催
2007年
宿泊施設向けインターネット集客支援業務を開始
不動産物件情報サイト「リゾートナビ」カットオーバー
会員向けパーティー「ヴィネットサロン」を開始
2008年
「MAP&GUIDE」を「軽井沢・地図とお店」にリニューアル
関東圏への流通を開始
2009年
「文学者たちの軽井沢- 上巻 」「リゾート軽井沢の品格」を出版
軽井沢ヴィネットの関東圏流通開始
信州食材のPR イベント「信州デリキッチン」を運営開始
2010年
地域活性化事業として「幻の三笠ホテルカレー」を町内13 店舗と共同事業でスタート
アドエイドの出版部門が(株)軽井沢新聞社として独立
フリーマガジン「軽井沢スタイルプラス」を創刊
2011年
「軽井沢スタイルプラス」を「軽井沢スタイルマガジン」に全面リニューアル
軽井沢・プリンスショッピングプラザにおいて、人気アニメグッズショップを期間限定で開催
2011年
軽井沢・幻の三笠ホテルカレーレトルトパックを発売し、4カ月で10,000食以上を販売
FM軽井沢とのアライアンス第一号案件として「karuizawa Music Garden 2011」を開催
2012年
チャーチストリート軽井沢において、人気アニメのグッズショップを期間限定で開催
スマホ向けアプリ「軽井沢アプリ」を開発
軽井沢・幻の三笠ホテルカレーの発売元として(株)軽井沢総合研究所を設立
2013年
軽井沢スタイルマガジン英語版を発行

事業内容

広告代理事業
別荘所有者向けの雑誌「軽井沢ヴィネット」や「軽井沢新聞」を始めとする広告スペースの販売を行っております。クライアントと軽井沢新聞社のタイアップ記事広告など、アドエイドのつながりを活かした提案をしています。
また、自社でも「軽井沢の今がわかる」をコンセプトにしたフリーマガジン・軽井沢スタイルマガジンを発行。クライアントと相談しながら毎号テーマを決めて特集を立て、タイアップ記事広告を中心に制作しています。
セールスプロモーション事業
インターネットやペーパーツールなどはもちろん、イベント企画などあらゆる手法でセールスプロモーションの代理業を行っております。ビールメーカーの案件では屋台村を特設しビアガーデンを併設、売上を上げながらプロモーションも兼ねる新しいスタイルのプロモーションを提案、実施しました。
弊社取扱媒体
・軽井沢web/450万アクセス
・軽井沢Vignetteヴィネット/年2回 10万部発行
・軽井沢新聞/月3~5万部発行
・軽井沢地図とお店/年間7.5万部発行
・軽井沢スタイルマガジン/年間25万部発行